院内感染対策

外来環

 外来環とは、「歯科外来診察環境体制加算」のことを指します。

 歯科診療時の偶発症などの緊急時の対応や感染症対策として、装置・器具の設置などの取り組みを行っている体制を意味します。当院は、厚生労働省がしてする安全基準「歯科外来診療環境体制(外来環)」をクリアした歯科医院です。 外来環の基準には下記のようなものがあります。

 

①所定の研修を終了した常勤の歯科医師が“1名以上配置されている”こと
②歯科衛生士が“1名以上配置されている”こと
③緊急時における初期対応が可能な医療機器(AED、酸素ボンベおよび酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター)を設置していること
④診療時の偶発症等、緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療期間と連携体制が事前に確保されていること
⑤口腔内に使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換、専用の機器を用いての洗浄・滅菌処理を徹底するなどの十分な感染対策を講じていること
⑥感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制が常時確保されていること
⑦歯科ユニットごとに歯牙の切削、義歯の調整、歯の被せ物の調整時に飛散する細かな物質が吸収できるよう、歯科用吸引装置などを設置していること

院内の衛生管理および滅菌体制について
(滅菌処理した器具、グローブの毎交換等)

院内の衛生管理および滅菌体制について 近年、衛生管理体制に厳しい視線が寄せられているのは、食品業界だけではありません。医療業界でも衛生管理体制は重要なトピックとして注目されています。
 歯科医院では、患者様の口腔内の診察をしたり、直接医療用器具を使用して治療していますので、器具の滅菌処理はもちろんのこと、院内の空気中のウイルスへの配慮もとても重要なものとなっています。当院では、厚生労働省が定めた基準に従って、高度な院内感染防止対策の実施を予定しております(平成29年12月~平成30年1月を予定)。ご来院前の安心に繫がるポイントですので、ぜひ、ご確認ください。

 

滅菌処理した器具

 当院ではオートクレーブという高温・高圧の滅菌器を使用し、医療器具の滅菌処理を行なっています。

患者様の口腔内で使用する医療器具の中で、圧力や熱に耐えうるものは、手洗いした後すべてこの滅菌器にて滅菌処理を行なっています。

滅菌できないものは使い捨て

 マスク、グローブ、前掛けなどは、滅菌器での滅菌処理ができません。

滅菌処理ができない道具に関しては、使い捨て用品(ディスポーザブル品)を積極的に使用することで、接触感染や院内感染の防止に努めています。

  • スタッフブログ
  • 患者さんの声
  • Facebook
  • 求人情報