小児矯正

小さい頃からの矯正治療を

子供のこんな歯並びが心配では・・・ 当院の矯正治療は、「難しくならないうちに早期に簡単に治療する」ことを心がけています。生物学的機能療法を基本として、取り外し可能、歯の表面に金属の装置を“付けない”矯正治療を行います。

 歯を抜かず、低額で治療ができるのも特徴のひとつです。当院が目指すのは、見た目の改善と、お子様の健やかな成長のサポートです。キッズルーム完備ですので、楽しみながら通院していただけます。

当院の小児矯正

 

3才時から受け口改善

 幼児期には、受け口(反対咬合)は自然治癒されることも少なくありません。自然治癒率は、2歳児では50%、3歳児では6%と報告されています。放置しておくと下顎の過成長により顔貌、食生活、発音などへの悪影響が出てくるため、当院では3歳児からの受け口の改善をすすめています。その際に使用するのが「ムーシールド」です。
 受け口の原因には、遺伝的要素やお口周りの筋肉が正しく機能していないなどが挙げられます。受け口は舌が上顎に付かずに、食べ物を飲みこむ度に下の前歯を前方に押している状態です。上顎は大きくならずに、下顎が大きくなってしまいます。
 また、上唇の力が強く、下唇の力が弱い場合にも受け口になる場合があります。3歳児の場合には使用できないこともありますが、4、5歳になると使用できるケースが多くなります。就寝中の使用で効果はありますが、日中でもテレビを見ているときなどに練習することで、就寝中も上手に使えるようになります。個人差はありますが、1年程度の使用(就寝時)で効果が見られます。

 

 

口呼吸の改善

◎口呼吸の改善 お子様の口呼吸にお気づきですか?

「ポカン口」と呼ばれる状態が口呼吸の特徴です。口呼吸は歯並びだけでなく、健康上の問題も引き起こします。

  1. 感染しやすい体質になる
  2. 免疫能力の低下
  3. むし歯・歯周炎の発症
  4. 記憶力・学力への悪影響
  5. 睡眠障害
  6. 体力の消耗

 口呼吸は、さまざまな悪影響を引き起こすため、鼻呼吸へと改善することが大切です。口呼吸から鼻呼吸に回復することで、歯並びの改善、顔面部の正しい成長、健康な生活の獲得へと導くことができます。

固定式拡大装置(スケルトンタイプ)

 上のアゴを広げる「矯正治療」

 上のアゴを広げることで、鼻腔が広がり、「気道」が確保されます。気道が広がると空気の通り道も広がるため、鼻呼吸がしやすくなります。また、アゴが広がることで、歯が並ぶスペースも広がるので、その後の矯正治療もスムーズに進みます。

 当院では、固定式拡大装置を装置を使用して、的確な年齢の内(正中蓋縫合がやわらかいうち)に治療を行います。

 

矯正治療を始める時期は?

矯正治療を始める時期は? 親御さんからの質問で特に多いのが、
「子供の矯正治療はいつから始めるのが良いですか?」
というものです。
 結論から申し上げると、最適な治療開始時期はお子様のお口の状態によって違います。一般的には5歳〜7歳の間に開始するのが適切といった情報もありますが、お子様によってベストな治療開始時期は違います。「矯正の相談=治療開始」ではなく「お子様のお口の成長の変化が適切かどうかの相談」という意識でお越し下さい。また、以下の様な症状がある場合には、一度ご相談ください。これらは歯並びの異常を知らせるサインです!

サイン① 乳歯と乳歯の間に隙間がない
サイン② 滑舌が悪い、話し方がおかしい
サイン③ 口で呼吸している
サイン④ 顔の左右のバランスが良くない

ご相談は無料です。お気軽にご来院ください。

子供の頃から矯正治療を始めるメリット

子供の頃から矯正治療を始めるメリット 矯正治療は、大人と子供で手法が異なります。大人の場合には、歯並びだけの矯正治療では対応できずに、顎の位置を改善する外科手術を必要とするケースもあります。しかし、子供の場合には成長過程にあるため、成長を適切な方向に誘導させることで無理なく治療を進めることが可能です。子供の頃に治療を開始することのメリットには次のようなものがあります。

メリット① 将来的に非抜歯での矯正ができる確率が格段にあがる
メリット② 早期に心理的コンプレックスから解放
メリット③ 顔貌をコントロールできる
メリット④ むし歯や歯肉炎の予防に○

  • スタッフブログ
  • 患者さんの声
  • Facebook
  • 求人情報